保険料の設定と支払方法

保険料の設定と支払方法

第1号被保険者の所得別保険料設定方法

第1号被保険者 第2号被保険者
対象者 65歳以上の人 40歳以上65歳未満の人
保険料 所得に応じて市町村が設定
また同じ市町村の中でも所得に応じて5段階に分かれる(下表)
加入している医療保険の算定健康保険加入者:給料により算定、事業主と折半
国民健康保険加入者:所得、資産等により算定、国庫が保険料と同額を負担
推定負担額 平均月額
約1400円
平均月額
約1960円(組合健保)
約1550円(政管健保)
約1280円(市町村国保)
約1410円(国保組合)
保険料の
支払方法
年金額が年額18万円以上:
年金から天引き
年金額が年額18万円未満:
市町村に個別に支払い
加入している医療保険の保険料に上乗せして一括支払い
被扶養者は直接の負担はありません
保険料の
支払開始時期
平成12年4月から10月までは無料
平成12年10月から1年間は半額
平成12年4月より支払開始

40歳以上65歳未満の給与所得者の保険料は、健康保険同様給与に一定の率をかけて算出し、給与から天引きされます。
40歳以上65歳未満の自営業者等国民健康保険加入者の保険料は、所得階層と被保険者の人数に国民健康保険の保険料に上乗せされて徴収されます。
65歳以上の人の保険料は、各市町村が介護サービスの必要量を推定して算出した費用に市町村負担率をかけ、一定の補正をした上で決定します。

段階 対象者 保険料の設定
第1段階 生活保護受給者
市町村民税世帯非課税かつ
老齢福祉年金受給者
標準額の50%
第2段階 市町村民税世帯非課税 標準額の75%
第3段階 市町村民税本人非課税 標準額
第4段階 市町村民税本人課税で本人の所得金額が250万円未満 標準額の1.25倍
第5段階 市町村民税本人課税本人の所得金額が250万円以上 標準額の1.5倍