介護サービスの概要

介護サービスの概要

居宅サービス

訪問介護 ホームヘルパーが居宅に派遣され、日常生活の世話や介護をするサービスです。
掃除・洗濯・買い物・調理や排泄の世話などのサービスを提供します。
訪問看護 看護婦や保健婦が居宅に来て、主治医の指示書に基づく看護サービスを提供します。
体の状況の把握、床ずれや傷の処置、医療器具の付いている患者の管理を行います。
訪問入浴 居宅に浴槽を運び込んで、入浴の介護を行うサービスです。
訪問リハビリテーション 理学療養士や作業療養士が居宅に来て、医師の指示に基づき、心身の機能の維持・回復を目指しリハビリテーションを行うサービスです。
通所介護
(デイサービス・日帰り介護)
送迎バスで通所介護事業所に要介護者を迎え入れて、入浴・食事などの介護や、機能回復訓練・生活相談などを行うサービスです。送迎費用は介護給付に含まれます。
通所リハビリテーション
(デイケア・日帰りリハビリテーション)
送迎バスで指定事業所(介護老人保健施設、病院または診療所のいずれか)に要介護者を迎え入れて、心身の機能の維持・回復を図り理学療法・作業療法などのリハビリテーションを行うサービスです。送迎費用は介護給付に含まれます。
福祉用具の貸与・購入費の支給 車椅子、特殊ベッド、歩行支援具など自立を支援するための福祉用具を貸与するサービスです。また、腰掛け便器、特殊尿器や入浴補助用具などレンタルに馴染まない器具は、購入費が給付対象となります。
短期入所生活介護
(福祉施設へのショートステイ)
介護老人福祉施設などの福祉施設に短期間(1~2週間)入所して、入浴・排泄・食事などの介護、日常の世話、機能訓練などを受けるサービスです。
短期入所療養介護
(医療機関へのショートステイ)
介護老人保健施設、介護療養型医療施設、診療所などに短期間(1~2週間)入所し、看護、医学的管理の下で介護や機能訓練、必要な医療を受けるサービスです。
居宅療養管理指導 医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士や栄養管理士が居宅を訪問し、療養上の管理や 指導を行うサービスです。
痴呆対応型共同生活介護
(痴呆性高齢者グループホーム)
要介護痴呆性高齢者が5~9人で共同生活し、日常生活上の世話を受けるサービスです。
このサービスは、寝たきりや食事・入浴が自分でできない人は対象外です。つまり身体的には動けても、痴呆のために世話人を必要とする人が対象となります。
特定施設入所者生活介護 介護事業者とし指定を受けている有料老人ホームと経費老人ホームを特定施設といい、介護保険ではこれらを居宅とみなし、介護認定を受けた入所者に対する介護サービスを居宅サービスの給付対象としています。

施設サービス

介護老人福祉施設 寝たきりや痴呆で常に介護を必要で、自宅での介護が受けられない高齢者が入所するための施設です。日常的に必要な介護、機能訓練や療養上の世話が受けられます。
介護老人保健施設 病状が安定して入院治療の必要がない高齢者が家庭復帰を目指して入所する施設です。 看護、医学的管理の下におこなわれるリハビリテーションや介護、医療および日常生活上の世話が受けられます。
介護療養型医療施設 長期療養が必要な患者や痴呆症の高齢者が介護を受けるために入所する施設です。 療養上の管理、看護、介護、日常の世話、リハビリテーションおよび医療が受けられます。